ファクタリングってなんですか?

ファクタリングとは将来の売掛金を第三者に買い取ってもらい現金化する手法です。
売掛債権を現金化するには時間がかかるため資金不足に陥る期間が出てしまいます。
このタイムラグが原因で黒字のまま倒産ということが起きてしまうのです。
通常の買い物であれば商品の提供と代金の支払は同時に行なわれますが、事業主と取引先の場合ですと商品の提供が先で支払いは後となります。
例えば事業者が取引先に300万円の商品を提供し取引先からの支払いが1ヶ月後となれば、それにかかった費用を支払った状態で待つこととなります。
要するに支払いがされるまでの1ヶ月間は提供した500万円がどこにもない状態となります。
もちろん支払いがされれば問題は解決ですが、支払いされるまで持たないと言う事業者は少なく無いです。
そこでファクタリング会社が売掛金を買い取り、事業社に対し売掛金の支払いをすれば事業者は取引先からの支払いを待たずに売掛金を現金化出来るというわけです。
そしてその後に取引先から売掛金の支払いを受けた事業者がファクタリング会社に支払いするという形になります。
ファクタリングのメリットは売掛金を早期に資金化出来ること、大口の資金調達も出来ること、キャッシュフローの改善、負債にならないのでバランスシートのスリム化、信用情報への影響がないこと、赤字債務超過でも利用できること等が挙げられます。
デメリットは売掛金がないと資金調達できないこと、手数料が高いこと、分割返済に対応していないこと等が挙げられます。お金借りるなら即日融資のところ